スポンサードリンク

ノートパソコンのキーボード修理 キーが外れたら?キーボードの交換の勧め

ノートパソコンのキーボードのキーが外れたなんて事はノートパソコンを使った事がある人なら一度や二度あるでしょう。

これは構造上仕方が無いのですが、ノートパソコンのキーボードはパンタグラフ方式というものになってます。
全部が全部そうではありませんが、モバイルノートを除けば、この方式のものが多いです。
キーボートのキーの裏側にある、電車のパンタグラフのように組み合わさった二つのパーツが展開します。

このパンタグラフのパーツから小さな突起が出て、パネル側にはまっています。
キーが外れたならこれをまた元のようにはめれば良いのですが、前述の突起部分を見てください。
この突起部分が折れいませんか?もし折れているのならそのままキーをはめるという事は無理かもしれません。
接着剤で止めるには少し小さいですし、元のように戻すというのは難しいでしょう。

キーだけの入手はなかなか困難です。
同種のノートパソコンのキーボードから外して持ってくるという手もあるかもしれませんが、
そのときに突起を折ってしまうなんてことがあるかもしれません、そんな手段を取るぐらいなら
キーボードを丸ごと持ってきて交換してしまった方が早いかもしれません。

さて、ではこのノートパソコンのキーボード修理交換ですが、
まだ保障期間中であるならばそのPCのメーカーにキーボード交換を頼めば良いのですが保障期間が切れていたら?

ノートパソコンのキーボード交換ぐらいなら業者に頼むより自分で修理交換しる事をお勧めします。

ノートパソコンのキーボードは取り外しやすくなっています、表のキーボード押さえのねじを隠しているカバーを外し、
幾つかねじを外せば後は本体との接続用のフラットケーブルを外すだけで、キーボードも取り外しできてしまいます。
ノートパソコンを分解しなければ外せないというものではありません。

交換用のキーボードはメーカーに問い合わせて取り寄せられる事もありますし、
オークションサイトで新品や中古のものが出品されています。
修理業者も交換用のキーボードパーツはメーカから取り寄せたりしているようです。
交換用キーボードを入手して交換してみてはいかがでしょうか?。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。